DARK SOULS REMASTERED


ダークソウルシリーズの記念すべき1本目であるダークソウル1、当時PS3で販売されたタイトルがフルHD対応でPS4向けにリマスターされたのが、こちらの「DARK SOULS REMASTERED」です。
深い世界観と謎を残した設定でコアなファンが多いフロムソフトウェア、そちらの人気タイトル「デモンズソウル」の続編として販売されたのがダークソウルシリーズとなります。
本シリーズの特徴は、なんといっても難易度が高いこと。
ゲームを進めるにあたり親切な案内などほとんどありません。
またボスには何度も何度もゲームオーバーにされますが、少しずつ挙動を覚えて自分の操作スキルを上げて倒します。
更にボスどころか道中の雑魚敵にも初見の敵は動きが分からずやられたり、何度も戦っていても油断してやられたり、複数人に囲まれるとまずやられます。
そんな超マゾゲーであるダークソウルですが、苦労して苦労してどうにか敵を倒した時の感動は他のゲームでは得られないもので、そのために根強いファンが数多くいるタイトルでもあります。
簡単なゲームではありませんが是非一度はトライしてみてはいかがでしょうか。

DARK SOULS II SCHOLAR OF THE FIRST SIN


こちらは過去にPS3で販売された「ダークソウル2」をPS4向けにリマスターしたものとなります。
ダークソウル1と比べてシステムやゲームバランスが非常に向上し、ボリュームも盛り沢山だったダークソウル2ですが、リマスターにあたり更なるグラフィックの進化と、追加DLCの内容が最初から同梱されているのが嬉しいですね。PS3時代から、ダークソウルシリーズの中でもなんだかんだ言って一番プレイ時間が長いという声が多いダークソウル2、難易度の高いマゾゲーでありながら1よりも圧倒的に理不尽なゲームオーバーが少なくずっとやりこんでいたくなる作品です。
相対的にではありますが1より多少は難易度が低いので、もし1でどうしても詰まって進めなくなってしまった場合は、まず先にダークソウル2で腕を磨いてから再度1にチャレンジというのもおすすめですよ。

DARK SOULS III


ダークソウル3はダークソウルシリーズ最終作と銘打った、これまでの集大成ともいえるゲームです。
シリーズを通して最高傑作だという意見も多く、シリーズファンは勿論、こちらの単体でもプレイ人数が非常に多い作品となっています。
1、2と比較するとダークソウル3の特徴は自由度が増した、ということでしょう。
装備できる武器の数もこれまでと比べバリエーション豊かになり、また今作からその装備品に応じた特殊技が使用できるようになりました。
また回数制だった魔法や呪術がHPとは別のポイントFPを使用する形式になったので、それによって特殊技を使うのか、魔法を使うのか、呪術を使うのかプレイヤーの戦略に任せられるようになりました。
戦術を工夫するもよし、とにかく操作の腕を磨くもよし、自分なりの方法でダークソウル完結編を遊んでみてください。

SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE


ダークソウルのような難易度で和風テイストのゲームがしたい方にはこちらの「SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE」がおすすめです。
同じくフロムソフトウェアから販売されているSEKIROは、戦国時代を舞台に忍である寡黙な主人公がワイヤーアクションや仕込み武器等を駆使して暗躍する、ダークソウルシリーズと比べると爽快なアクションが特徴の作品となります。
しかし、勿論その難易度はダークソウル並で、ボスは勿論その辺りの雑魚敵であっても油断したり多数に囲まれると簡単にゲームオーバーとなってしまいます。
日本を舞台としているだけあって、ゲームオーバーになると画面に表示されるのは「死」という情け容赦ない漢字一文字。
一方ダークソウルシリーズと比べると、その場で復活可能な要素が使用にデメリットはありますが存在するので、初心者にも多少はプレイしやすい作品ともいえます。

Bloodborne


ダークソウルのような死にゲーのプレイに抵抗がなく、もっとスピーディーなアクションゲームが遊びたい方には「Bloodborne」がおすすめです。
ダークソウルよりも更に世界観にホラーテイストが増した本作品、古いゴシックなデザインが好きな方にピッタリでしょう。
訳あって獣狩りの夜に閉じ込められた主人公は、各地でおぞましい獣を倒していくことになります。
ダークソウルと大きく違うのは、ダメージを受けた際にすぐやり返すとHPが回復できるというシステム。
そのため攻撃を受けてしまった後にいったん引いて立て直すのか、あえてその隙をついて攻めにいくのかといった駆け引きが楽しめます。
敵も味方もモーションが早いので、もっさりとしたアクションが苦手な方にはこちらのBloodborneの方が合うかもしれません。
ただし、勿論難易度はダークソウル並なので、何度もゲームオーバーになって身体で覚えていきましょう。