PS4でプレイしてほしい!おすすめホラーゲームソフト5選!

サイコブレイク2

最初におすすめするホラーゲームは「サイコブレイク2」です!ジャンルはバイオハザードのようなサバイバルホラーゲームとなります。
前作の1を大きく上回る出来として各所で取り上げられた本作は、非常に遊びやすく、よく作られているといった印象。良くも悪くも難易度が鬼畜だった前作に比べて、一般ユーザーでも楽しく遊べるような調整がされており、かといって簡単すぎてつまらないというわけでもない絶妙なやりごたえが楽しめます。
武器のクラフティングやスキルシステムなどもストレスなく行えるように配慮がされており、楽しくサバイバルホラーを遊びたい、という方にピッタリの1本となっています。ストーリー序盤の導入部がかなりしっかり説明してくれるので、1をプレイしていない人でもちゃんと楽しめますよ!

7 Days to Die

今回おすすめするホラーゲームの中でも、ちょっと変わったゲームなのがこの「7 Days to Die」です。タイトルにあるようにこのゲームには日数経過があり、襲い掛かってくるゾンビ達から7日間を生き延びることが当初の目的となります。7日が過ぎた後も日数は経過していくのですが、おそらく始めは7日を生き延びることはできません。
時間経過の概念もあるこのゲームでは、主にプレイヤーは日中に外を探索し、夜中は活発になって襲い掛かってくるゾンビ達から身を守ります。武器や材料採集に使える石斧を作ったり、ゾンビを攻撃するための弓矢を作ったり、立て籠もるための廃墟を修理・補強していったりしながら、毎晩襲い来るゾンビの猛攻を絶え凌ぐ、というのが基本の流れとなります。
はじめは何をしたらいいかよく分からないまま、あっさりゲームオーバーとなってしまうかと思いますが、その分7日を生き延びた時の感動はひとしお! ぜひ一度挑戦してみてください!

The Last of Us Remastered

PS4のスペックを余すことなく使用した超ハイクオリティなサバイバルホラーゲームが、この「The Last of Us Remastered」です。このゲームで一番感動するところはそのグラフィックのレベルの高さでしょう。キャラクターはもちろん、建物や自然の描写がほとんど実写レベルの出来となっており、ハイスペックなPS4らしいゲームと言えるでしょう。その分ゾンビなど敵の描写もかなりグロテスクで生々しいので、ゾンビ系ホラーが苦手な方にはお勧めできないのが難点ですが…。
本作は先におすすめした「サイコブレイク」などのように敵を銃撃で倒していく、というより、「メタルギア」などのように敵に見つからないように進んでいくタイプのサバイバルアクションとなります。ハラハラドキドキしながら進めていくゲームがプレイしたい方におすすめの一本です!

バイオハザード7 レジデント イービル

もはや和製サバイバルホラーゲームの代名詞ともいえるタイトル「バイオハザード」、その中でもシリーズ最恐として名高いのがこの「バイオハザード7 レジデント イービル」です。正直、めっちゃくちゃ怖い!ホラーやゾンビに耐性のない人には絶対にプレイをおすすめできないほど、とにかく怖いです!
本作はシリーズ初、1人称視点となっており、主人公の目線がそのままプレイヤーの目線となるので、臨場感がすさまじいです。舞台もこれまでとは一風変わって屋敷の中を探索する形なので、いわゆるお化け屋敷のような、これ以上足が進まなくなるタイプの恐怖です。
18歳以上の方はレーティングZ指定の「グロテスクVer.」もプレイできますが、こちらは更に恐ろしさが倍増。更にPSVRにも対応しているのですが、こちらは本気で心臓が強い人にしかおすすめできません! 最強の恐怖体験がしてみたい方は是非挑戦してみてください。

仁王

最後におすすめする「仁王」は、今回ご紹介した中ではホラー要素が少なめのゲームとなります。コーエーテクモゲームスが販売する、硬派な戦国アクションゲーム!なのですがなぜこの記事でご紹介したかというと、敵がいちいち恐ろしいからです。特に個人的には「鬼女」が非常に怖いです。鬼や妖怪といった和製なダークファンタジーなので、ホラーは好きだけどゾンビ系は苦手…という方におすすめしたいゲームですね。
ゲームのタイプは「ダークソウル」シリーズのような、いわゆる死にゲーとなります。敵には基本的に初見では勝てないと思ったほうがよいでしょう。死んでは再挑戦、死んでは再挑戦を繰り返し、やっと勝てた時の達成感が快感となるゲームです。
和風ダークファンタジー好き、死にゲー好きの方は特に一度遊んでみてください!